かばたニュース|金沢の漬物、かぶら寿し本舗かばた | 石川県金沢市にある漬物屋「かぶら寿し本舗かばた」がお届けする、楽しくて役に立つニュース

かぶら寿し本舗 かばた

かぶら寿し大根寿しおすすめ商品ニュース社長ブログサイトマップHOME 

青かぶらの種まきへGO

カテゴリー: かぶら寿し関連|  2001年9月 1日

子供達が2学期に元気に登校を始める頃、かばたでは「青かぶらの種まき」を行います。
今月は、「絶滅危惧種?」とウワサされている青かぶらを丹精込めて育てている農家の方々の様子を伺ってきました。

「かぶらの種は長さ2キロ!」

どんな形じゃい???と思った人、今すぐ、チェックだぁ!




6月に収穫した種はオブラートに包まれて・・・


種は均一に蒔けるように、3粒ごとに、14~15cmずつ離して、

自然に解けるオブラートに包んだ長ーいヒモ状

にしてあります。その長さは、なんと、2キロ。 種の数にして、130粒余りが入っています
長さ2キロの種。
アップにしてみたら・・・
キチンと3粒並んでいる。

次の3粒までの長さは試行錯誤の結果
14~15cmが一番良いとか。
種蒔き機にセット
種まき開始

コロコロと畝をころがしていく

種はオブラートのヒモと一緒に自動的に土に埋まっていく
昔はオブラートに包まず、この機械に直接、種を入れていたとか。
そうすると、一度に蒔く種の数が一定にならない。

そこで工夫したのがこのオブラートヒモ方式。
これだと確実に3粒ずつ蒔けますからね。

いろいろ工夫なさっているのですね。脱帽!


実はこれからが大変!!


コロコロ転がしていけばOKの、実に便利な種蒔き機。
種蒔きって意外に簡単なんやなやぁ、と思ったのも束の間。

これからジョウロで水&除草剤撒きが始まりました。
(この薬剤はかぶらに影響しないものだから安心してネ)

ジョウロの重さは、なんと、10キロ
それを15回往復するのだから・・・
種を蒔き終わった畑。

40mくらいの長さの畝が、15畝もあるのだった・・・
ジョウロの用意。

水は自宅からタンクに詰めて持参
ジョウロを片手に1畝ずつ

かぶらの成長を想いながらの重労働

最後にモミガラを撒く

雨や日照りでも種がちゃんと発芽するための工夫だ
今日の作業が終了

ご苦労さまでした!!

元気なかぶら君たちの発芽が楽しみです。
この畑の種蒔きはだいたい2人で行うと早朝から丸1日がかりの作業だそうです。
蒔いてから2、3日中に強い雨が降ると、発芽に悪いので、天気予報とニラメッコ。

この後、3日くらいで発芽。9月中旬には1回目の間引きが始まる。
農家のみなさん、今年もよろしくお願いします。


発芽しました~!!


2週間後(9月中旬)、畑に行って見ました

いっせいに芽が出ています。

周りの田も稲刈りが終わり、 トンボが飛び交う季節
ちゃんと3つ、芽が出ています。

双葉ちゃんたちも見えます。 わかる?
同時に蒔いたのに、 こ~んなに差が・・・

左は1つしか芽が出ていません。
そろそろ、第1回目の間引きです。
可哀想だけど、おいしいかぶら寿しのために、我慢してね。




[かぶらの収穫も知りたくなった] [他のニュースを読む]


コメント (0)  / トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL:http://sv25.wadax.ne.jp/~kabata-co-jp/mt/mt-tb.cgi/15

コメント

コメントする

▲Page Top