漬物屋女社長のひとりごと | かぶら寿し本舗かばたの三代目。元気な女シャチョーのあれこれをお聞きください。

かぶら寿し本舗 かばた

かぶら寿し大根寿しおすすめ商品ニュース社長ブログサイトマップHOME 

コレ何だ? 赤ずいきです!

カテゴリー:漬物のお話カテゴリー:金沢のお話  / 2012年7月 4日

赤ずいき生.jpgよいしょ!と両手で抱えているのは

「赤ずいき」です。

加賀野菜にも認定されています。

石川県産地(主産地は金沢市・小松市)

なんだか、大きな蕗(フキ)のようにも見えますが。

これはサトイモの茎のところです。イモではなく、茎のところを食用に栽培されたものです。

梅や紫蘇(しそ)仕込み真っ盛りの頃、6月下旬から8月にかけてが旬になります。

数センチに切って塩もみしてから、甘酢で炒ります。

すると、とっても鮮やかな赤色になります。

夏の暑い頃、これを食べると熱を冷ましたり、むくんだ身体に利尿作用があるといわれています。

以前はこのような季節野菜で四季を感じたものですが、近頃は厄介な手間をかける人も少なくなりました。

スーパーや八百屋さんでも、長いまま売っているのも見かけないでしょう。

短くカットしたものを、少量パックにしてあるくらいでしょうか。

かばた本店では「赤ずいき甘酢漬」として販売しています。

その他夏の漬物セットのなかにも入れてあります。

 

仕上がりはこんな感じ

コメント (0)  / トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL:http://www.kabata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/356

コメント

コメントする