漬物屋女社長のひとりごと | かぶら寿し本舗かばたの三代目。元気な女シャチョーのあれこれをお聞きください。

かぶら寿し本舗 かばた

かぶら寿し大根寿しおすすめ商品ニュース社長ブログサイトマップHOME 

これが本物の証し

カテゴリー:漬物のお話  / 2010年12月14日

2010120411110000.jpgかばた契約農家の青かぶらです。

なぜこれが本物の証しかって?

 

よく見ていただくとわかりますが、一列に並んだかぶら、大きさがちがいますよね。

 

これは原種がもつ特性のひとつです。

 

同じ日に種を蒔いても芽の出る時期や太り具合が異なり、同時に大きくなりません。

なぜか?

 

元来、植物は天候異変や災害から身を守るために一斉に育つことを忌避する遺伝情報が組み込まれています。

農家は栽培に手がかかり、私ども漬物業者にしてもすべてかぶらの生育を中心に漬けこみをしていかなければならないのです。

このため、この在来品種の青かぶらを栽培する農家も少なくなりました。漬物業者にしても、「かぶらに合わせて仕事をする」なんて、生産性や効率を考えたら本当に絶対ムリなことをやっているわけです。それでもあえてこだわっているのは、やっぱりおいしいから。これが普通の金沢のかぶら寿しだからです。

青かぶらを知る        青かぶらニュース

コメント (0)  / トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL:http://www.kabata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/240

コメント

コメントする