漬物屋女社長のひとりごと | かぶら寿し本舗かばたの三代目。元気な女シャチョーのあれこれをお聞きください。

かぶら寿し本舗 かばた

かぶら寿し大根寿しおすすめ商品ニュース社長ブログサイトマップHOME 

こんな下積み作業も大切

カテゴリー:かばたのお話カテゴリー:漬物のお話  / 2007年11月21日

20071120143552.jpg

ごらんの通り人参(にんじん)です。
左が線切り(千切りとも言いますが、かばたでは 人参の線と言ってます)
右が花型に切ったものです。

何に使うかって? 
はい これも かぶら寿し 大根寿しに欠かせません。
かぶら寿し一枚にかならず1ケ 梅花型の人参をのせます。

きれいでしょ。


出来上がったかぶら寿しを見たい20071120142733.jpg
でも   大変な作業なんです。

まず人参の皮を全部むいて手作業で線と花にします。
線は力を入れてやらないときれいに出来ません。
短いのはだめ!
花型は型で抜いてから一定の厚みに切ります。

このシーズン人参の下作業だけで二人の手がかかるのよ。
かなりの量ですから。



コメント (0)  / トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL:http://www.kabata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/63

コメント

コメントする